読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

剣客小説とか、書いてみたいなぁ

先日、Nitro+再インストール祭などを個人的にやらかしていて、ふと思いついて悶えていたりした。 具体的には「刃鳴散らす」と「戒厳聖都」を再プレイしていて俺の持病である『突発性小説執筆症候群』が勃発しただけだが。 一応思いついた案が幾つかあるが、…

最近、思いついたネタ

「電子遊戯屋非繁盛記」 ジャンル :現代もの・日常描写 ストーリー:今一つパッとしないゲーム屋の店長とバイトや客が織り成す面白おかしな日常。時に苦笑を誘い、時に哀愁を感じる一話完結ハートフルコメディ。 登場人物 :昼行灯だが締める時はしっかり締…

仮想火葬戦記「輸送艦おおすみ戦記」

適当にWEB巡回していたら発見……鮭のよりは面白かった。 まぁ、俺は「とりあえず日本が勝つシナリオで面白ければ細部に拘らない」という人なので、仮想戦記よりも火葬戦記好きなのかも知れんが……鮭のは話の中盤ぐらいから飽きた。 作者サイト:帰ってきた九条…

それじゃ、今俺が誌を詠むなら

タイトル通り。 昨日俺が過去に詠んだ詩を意味無く晒す際、無性に創作意欲を刺激されてしまったので、酔っ払い(と言っても日本酒一合半……酔うわけ無いし)ながら適当に詩を詠んでみた。適当に読んで貰えると嬉しかったり。 街の灯りを背に受けて、独り家路を…

過去に詠んだ誌を……

書くことも無いので、昔書いた詩を並びたててみようと思う。 出来は悪いが、捨てるに捨てられずHDDに残っていたのでこれを機会に晒してみたかっただけである。むしゃくしゃしてやった、今は反省しているかもしれない。 孤独 先の見えない闇 独り歩いていく …

狂える求道者

0.直感的感情と論理的真理 人は恐ろしいほど簡単に死ぬ。 心臓を破壊されれば、或いは脳への血液循環を止める又は脳自体を破壊されれば驚くほど容易く人の命は絶たれる。 即死、とよく耳にするが本当に即刻死に至る。 尤も、結果と方法が判っていても手段…

平凡な毎日、ちょっと変わった人たち

世界観 現代日本が舞台。幻想的な設定は一切無し、ごく普通の世界。 ただ、若干近未来か若しくは一昔前か。或いはその両方を併せ持っているのか。 イメージの段階なので今一つ纏まらないが、一言で言えば俺にとっての理想の日本。 物語の粗筋 主人公は一人の…

思いついた設定

夜中に唐突に思いついた設定。 徒然なるままに書きなぐってはみたものの、いつか日の目を見ることがあるのだろうか? ( ´-`)。O○(個人的には『無い』に1000ペリカ

虚ろなる者への鎮魂歌(メモ)

今日も戯言更新。 「それは、赦される事ではない」 俺は呟く、誰に聞かせる事も無い言葉を何処へとも無い虚空へ。 「如何なる理由があろうとも、如何なる手段を講じようとも」 それは自分へと向けた言葉か、それともここには居ない誰かへの言葉か。 呟いてい…

虚ろなる者への鎮魂歌(メモ)

我は世界を紡ぐ者なり!>>挨拶 強大なる敵に挑む者。 「強いかどうかなんて関係無い。大切なのは勝てるかどうか・・・それだけよ」 隠されし神秘を操る者。 「ふぅ、君はいつも厄介事ばかり持ち込んできますね。いやはや、全く以て面倒な事ですよ」 怪異なる…

突発性小説執筆願望暴走症候群

キング・アーサー見たいなぁ。>>挨拶 以前、私の持病として突発性小説執筆願望暴走症候群なる奇病があるとか無いとか、まぁそんな内容を書いた覚えがあったり無かったり。 何と言うか、色々と設定の欠片や場面だけが急に浮かんでくるだけの妄想が爆裂してい…

適当に思いついた物語・シチュエーション

妄想を記すだけのページ。 いつの日にか物語へと形為す事を祈って、今日も残骸を積み上げる。(祈るだけで物事が動けば世の中皆幸せだろうな、阿呆。) 「成る程、成る程。」 男の声が静寂に木霊する。 「一の太刀を捌かれる事を前提として、二の太刀を紡ぐ連…