読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴルゴダ

小説

ゴルゴタ (徳間文庫)

ゴルゴタ (徳間文庫)
ゴルゴタ (徳間文庫)深見 真

徳間書店 2010-07-02
売り上げランキング : 21864

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック (ガガガ文庫)
ケモノガリ 2 (ガガガ文庫)
ハイスクールD×D7 放課後のラグナロク (富士見ファンタジア文庫)
硝煙の向こう側に彼女
GENEZ−4 ジーンズ (富士見ファンタジア文庫)
 アレだ、エロい武侠モノの人のイメージしかなかったんだけど、この作品で一気に印象変わったなぁ。肌色桃色一切出て来ない、しっかりと作り込まれた軍事ピカレスク復讐劇。
 
 何と言うか、ニトロプラス好きな人ならかなり薦められる作品だと思う。具体的には『Phantom of Inferno』『鬼哭街』『刃鳴散らす』『装甲悪鬼村正』辺りが好きな人ならきっと。
 陸上自衛隊の特殊部隊出身の復讐鬼たる主人公についての描写や、作中に散見される軍事を中心とした様々な薀蓄、彼を巻き込んだ一連の事件の政治的な舞台背景に至るまで、一々納得出来てしまうエンターテイメントに満ちた作品。徹底的な計算づくで現実主義・実際主義的に復讐を完遂させる迄に至る展開は、痛快とは程遠い陰惨さを含んでいるにも拘らず、読み手に爽やかなカタルシスを与えてくれるだろう。ただしグロ注意だが。
 
 個人的には長間のキャラクター造形は上手いと思ってみたり。非現実的なレベルで作戦を遂行させる主人公真田に対して、何処までも泥臭く(といっても、能力的には十分非凡な描写がなされているが、相対的に)人間らしい存在として。更には主人公の行いに対する『報いを誓う復讐鬼』として昇華させたのは作中のテーマを際立たせる上で重要ではないかと。正に『刃の報いは己に返る、人の命を奪う者は己の命も奪われる。悪に報いは必ずあるのだ、悪に報いは必ずあるのだ』といった按配であろう。